​前面道路の拡幅により建替えが必要となった”朝倉横町の家”
敷地面積が以前の敷地のほぼ半分となる事に加え先細りの台形状となるため、建物ラインを敷地の輪郭に沿う様に配置し、駐車スペースや居住スペースを出来る限り広く取れる様に計画しました。

建物は延床面積約60㎡とコンパクトですが、基本的な生活は全て1階で過ごせるようになっています。
またコンパクトながらも生活の広がりを感じられるように、中庭(水平方向)や5mの天井高さのLDK(縦方向)といった、床面積だけでは測れない空間の豊かさを計画しています。

朝倉横町の家
House へ戻る
  • cour

Kiriko Bureau d'Architecture

 

キリコ設計事務所

幅員15mを越す特定道路に面する西側には直接的な窓は設けず、断熱性能の向上とプライバシーの確保を優先した