Kiriko Bureau d'Architecture

 

キリコ設計事務所

”400T0MY”の家は、高知県四万十市に建つ若いご家族の住宅です。建物計画は先ず土地探し(※)から始まりました。

間口約7mに対して、奥行き23mと細長い土地の眼下には、パノラマ状に広がる四万十川が流れていました。

そこでLDKは勿論の事、寝室やワークスペース、趣味の部屋などからも、この雄大な自然を享受出来る様に、各部屋の位置や開口を1つずつ決めていきました。

寝室に付属するプライベートバルコニーの1部は、LDKの吹抜と繋がり、採光や重力換気の役割も果たしています。

​またその形状を四万十川へ向けたメガホン状の形とする事で、外部空間に対して視覚的な広がりや奥行きが感じられるようにしました。

※「全ての設計事務所との家づくりを応援する」というコンセプトのもと、”建築家×不動産|高知K不動産”という不動産メディアサイトを利用して土地探しからスタートしている。今回はその第4段目となる。