"ka-sa”の家は、建築家×不動産(※)を通じ、土地探しからお手伝いをさせて頂きました。

​敷地には大きな納屋と母屋があり、先ずはこれらを可能な限り再利用する事を念頭に内部調査をはじめました。

調査を進めていくと納屋にはかなりの腐食と蟻害が見られた為、再利用は断念する事となりました。

一方比較的新しい母屋の方は蟻害の被害も少なく、十分に再利用できることが分かりました。

そこでこの母屋を大きなLDKとして位置づけ、水廻りと寝室を含む2階建ての増築部を既存と同じく西側へ配置し、強い西風対策としました。

また内部では隠れていた丸太梁を現し、中心となる柱には”カサ”のような補強(方杖)をする事で、時を経た部材の力強さを間近に感じられる様にしました。

この新旧​織り交ざった建物が、大きな”カサ”の様にゆったりとご家族を包み込む物になればと思います。

※「全ての設計事務所との家づくりを応援する」というコンセプトのもと、”建築家×不動産|高知K不動産”という不動産メディアサイトを利用して土地探しからスタートしている。